分散投資でリスクコントロールをした運用を

Posted in 分散投資 by admin on 2016年8月16日 No Comments yet

皆さんは、投資というものを行っているでしょうか。日本は世界的な経済大国であるにもかかわらず、一般の方の投資比率が低いことで知られています。投資というものが、過剰に難しいものである、と認識してしまっている方も多いのではないでしょうか。あるいは、バブルの時期に投資を行い損失が出てしまったことから、現在でも投資を行っていない、という方もいらっしゃるかと思います。しかし、投資というのはそこまで難しいものでもなければ、リスクフルなものでもありません。基本的な情報についてさえ知っていれば、比較的安全に利益をえることができるものでもあります。そこでここでは、資産の運用について考える時には避けて通ることができない「投資」に関する情報を、格言と共に紹介します。

まず初めに紹介するのは、銘柄選びの際に関係する格言です。株価の変動に関して「猿にダーツをさせて決めても確率が変わらない」という格言があります。これは、今後の値動きについて予測することが難しい、ということを意味しています。猿にダーツをさせて、というのは大仰に言っているものではありますが、実際の所値動きを完全に予測するのが不可能に近いということは間違いないことです。今後絶対にあがると思って購入した銘柄が下がってしまい、損失が出てしまうというのは投資ではよくあることです。

こういったことを避けるために重要になるのは「投資を一本化しない」ということです。できるだけ分散投資を行うようにすれば、そのうちの1つの銘柄がマイナスになってしまったとしても全体としてみた時にプラスにしやすくなります。この場合、分散投資はより大きく散らばるようにした方が良いでしょう。例えば投資先の企業の種類についても大きく分けることが重要になります。

同じような業界の違う会社に投資を分散しても、その業界自体に問題が発生した場合には分散の意味がなくなってしまうためです。その辺りのことも考えながら、分散先を考えるようにしましょう。

株価指数CFDならくりっく株365!

Posted in 分散投資 by admin on 2016年8月6日 No Comments yet

CFDの一種である、株価指数証拠金取引”。
国内外の株価指数(日経平均株価、NYダウなど)に投資をすることができます。

特に投資初心者におすすめなのが、「くりっく株365」です。
2010年に東京金融取引所から誕生したくりっく株365は、日本で初めての公的な取引所による取引となります。
さまざまな魅力やメリットがあるので、ぜひご紹介させてください!

●ほぼ24時間取引ができる

たとえば株式投資の場合、取引ができる時間をご存知ですか?
”朝9時から11時30分まで(前場)と12時30分から15時 まで(後場)”
という風に決められており、土日祝日は市場がクローズしています。
この時間帯を見て、日中働いている方は思ったことでしょう。
「この時間では取引ができない!」と。
一方、くりっく株365の場合は
”朝8時半から翌朝6時まで”
夜間はもちろんのこと、ほぼ24時間取引ができるのです。
日本市場だけでなく海外市場の取引時間もカバーしているので、相場の急変などにもタイムリーに対応できることがメリット。

●レバレッジ

CFDの魅力のひとつであるレバレッジも、もちろん用いた投資を行うことができます。
レバレッジを使えば、少ない資金で大きな取引が可能です。
投資というと、どうしてもまとまったお金を用意しないと始められない印象ではありませんか?
ですが資金10万円以下から始めている方もとても多いんですよ!

●配当がある

配当と言えば、現物株での取引のイメージが強い方も多いと思います。
くりっく株365では、買いポジションを保有していれば株価指数ベースでの配当相当額を受け取ることができるのです!
また、取引金額に応じて算出されますので、配当相当額にもレバレッジがかけられる、ということになり、多額の配当相当額を得られるチャンスも!

●決済期限がない

決済期限が設けられていないことで、マイペースな投資をすることができます。
ポジションは毎日自動的に繰り越されますから、決済に追われることなく取引が楽しめるでしょう。

株価指数CFDを知りたい方へ。

Posted in 分散投資 by admin on 2016年8月2日 No Comments yet

資産運用のひとつに投資がありますが、今は学生からご老人まで多くの方がさまざまな商品に投資をしています。
今ある資産を増やしたいという目的のもと、マーケットも非常に活気づいている状態です。

ただし、初心者が陥りやすい注意点として、「集中投資」が挙げられます。
資金をひとつの投資商品につぎ込むことで、利益が出れば万々歳ですが損失が出てしまった時はカバーできるものがありません。
投資の格言として、
”卵は一つのかごに盛るな”
というものがあるのですが、卵を一つのかごに盛っていたらそのかごが落ちてしまった場合すべての卵が割れてしまいます。
ところがかごを複数に分けて卵を分散して入れておけば、一つのかごが落ちたとしても他のかごは落ちていませんから中の卵は当然無傷です。
このように、投資も複数のかご(投資商品)に卵(資金)を分散することがとても大事になります。
一方で損失が出ても他方で利益を計上できれば相殺ができるということが重要です。
これを「分散投資」といい、リスクヘッジとして有効と言えるでしょう。

分散投資でおすすめの投資商品として、「株価指数CFD」をご紹介します。
株価指数は株式投資の個別銘柄とは違い、数値に投資をするので最初から分散投資が可能です。
しかも値動きが穏やかなので利益も少ないですが損失も少なく、また値動きが予想しやすいことも初心者に人気の理由になっています。

CFDの詳細を知りたいという方は、ぜひ『株価指数CFD.com』というサイトをチェックしてみてください。
さらに詳しいおすすめの理由も記載されていますし、何より株価指数CFDのこと、日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引である”くりっく株365”のことについても紹介してくれています。

2016年6月にアメリカの株価指数であるNYダウも上場したばかり。
ますます勢いに乗るくりっく株365の基本的な概要についてはこのサイトひとつで情報をゲットすることができます。

NYダウ平均株価指数取引ってどんな投資?

Posted in 分散投資 by admin on 2016年7月28日 No Comments yet

投資対象となる金融商品はたくさんありますが、今いちばん注目されているのは、NYダウ平均株価指数だと思います。NYダウ平均株価指数取引とはどのような投資なのか、まとめてみたいと思います。

NYダウ平均株価指数とは、アメリカの株価指数です。NY市場に上場されている銘柄の中から通信社であるダウ・ジョーンズ社が選んだ銘柄の株価を平均した指数です。マクドナルドやナイキ、ディズニー、マイクロソフトやアップルなど、誰でも知っているような企業ばかりが選ばれています。アメリカを代表するどころか、世界を代表する指数といえるでしょう。

このように、平均株価指数とはある市場を代表する銘柄の株価から計算されていますので、その市場全体の値動きと似た動きをします。そこで、インデックスと呼ばれることもあります。インデックスに投資するメリットはいろいろあります。まず、株価指数のように複数の銘柄から構成されるものへの投資なら、リスクを分散させることができますね。NYダウ平均株価指数の対象となっている会社が一度に倒産するなんてことは、まず考えられないですものね。リスクは分散されるのに、各銘柄についての情報収集は各銘柄の株を売買するときほど集めていなくても大丈夫、というのも良いですね。それから、市場と連動した値動きなので、予測がしやすいというのもメリットといえるでしょう。特に、片手間の副業として投資している方や初心者の方にもついていきやすいと思います。

さて、最近NYダウ平均株価指数取引に注目が集まっているのは、くりっく株365(日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引)でNYダウの取り扱いが始まったからです。くりっく株365なら取引時間もほぼ24時間と長くて便利ですし、手数料も安いです。海外の株価指数でも円価格で取引ができるので、為替差損を考えずに取引できるのも良いですね。また、取引に期限がないのでゆったりと構えていられるのもおすすめポイントですよ。

小額の資金でも株価指数への投資は可能です

Posted in 分散投資 by admin on 2016年7月26日 No Comments yet

投資はここ数年、資産を増やす方法として注目されてきています。
コツコツと少しずつ貯金をしているだけでは、低金利である日本の銀行を利用している限り資産を増やすのは難しいもの。
その点、まとまった多額の現金さえあれば、それを基に株や外貨などを売買して、資産を増やすことができます。

しかし、最初にまとまった多額の現金が必要である。
これが投資のデメリットでもあります。
アメリカドルなどは1ドル100円程度ですので、それほど高額な現金はいらないのではないか?
そう思うかもしれませんが、たかが数十万円程度投資するだけでは、多額の利益を見込むことは難しくなります。
多くの利益を得るためには、投資する金額も多くなくてはいけません。
株式投資になると、どの銘柄を選ぶかでも投資の結果に大きく影響されます。
銘柄選びやFXでもどこの国の通貨にするか。
投資するものを選ぶのにも悩んでしまいます。

できるだけ小額で、失敗しにくい投資はないのか?
そう思っている方に選ばれているのが「ETF」です。
ETFとは、日本の日経平均株価や東証株価指数などの株価指数などに連動することを目指す投資信託のことです。
1万円からでも投資が可能となるので、初心者の方や資産が少ない方・分散投資を目的としている方に選ばれてきています。
株価指数については特別自分でチャートを確認しなくても、ニュースなどでもだいたいの動向を知ることができることもメリットのひとつです。

また、ETFは証券取引所に上場しているため、取引所での売買が可能です。
取引所で売買ができるメリットとしては、取引所の立会時間中ならばいつでも取引が可能であること。
基本的にどの証券会社を利用していても取引が可能である。
このようなメリットがあります。
さらに従来のインデックスファンドよりも手数料も割安ですので、手数料が高くて利益を得にくくなってしまった…
このような事態も避けることができます。

このように、ETFは小額の資金しかない方やできるだけ投資のリスクを避けたい。
このような方にもおすすめというわけです。